2020年9月19日(令和二年)

新型コロナウィルスの感染拡大防止策が十分に講じられないという事で骨董市は開催中止となりましたが、骨董ライブのみ海老名の中央公園(ビナウォーク)で開催しました。
なお、骨董ライブは神奈川県の文化芸術再開加速化事業として助成を受け、十分な感染症対策を行い、さらに生配信などの新事業を始めることが出来ました。

 2020年9月から12月までの骨董ライブが、やまとアート100プロジェクトの一つに選ばれました。